ブログ

2022.10.15

5番が泣いている

はろう('ω')ノ

最近忙しい( ;∀;)

今担当している仕事がいろんな部分で盛り上がってきたのと、プライベートでイベントがとても多いこの頃です(´・ω・)

数年前の独身彼女なし時代なんて何もない日々の連続だったので、それに比べればとてもとても楽しいのですが、このVISTAに関しては全然イベントとか企画ができずに申し訳ないところです。

次世代のリーダー求む!

今なら参加して即リーダーになれるチャンスですよ(/・ω・)/

さて、今日はベイスターズについて書きましょう。

CSの1stステージでまさかの敗退でシーズンが終了しました(´・ω・)

実はおれは義理の兄の結婚式で見れず、帰りの新幹線の中で音なしで見ていました。
オースティンがヒット打った時点で「ナイス!」と声を出してしまうくらいにウキウキして、これは勝ったと思ったのですが、最後に藤田が痛恨のダブルプレー( ;∀;)

藤田が一塁ベースで起き上がれなかったのと同時に、おれも新幹線の中で気を失っておりましたorz

最後のダブルプレーを打ったこと自体は仕方ないとしても、トータルで見て藤田がこのCSで呼ばれる選手か?と思ったりもしたわけですが、これはCriticismになってしまうのでやめときましょう。

まぁ最後は負けちゃったけど、ベイスターズファンとしては今シーズンとても楽しめたので感謝しております(´・ω・)
特に8月の快進撃は今まで見てきた中で一番楽しい一か月だったと思っています。

ただ、優勝できる勢いも見せたくらいの快進撃だっただけに、届かなかった印象が強くなって悔しさも残る形ではありましたね。

ターニングポイントは4ゲームに詰めたヤクルト3連戦で、初戦に大貫から宮国にスイッチしたところかな、と思います。
あの時点で中継ぎは疲労困憊ではあったものの、この3連戦で1つでも勝っていれば全然その後の展開が変わるという中で、敗戦処理かつその中でも最も防御率が悪い宮国をまだ逆転の可能性もある段階で出して案の定失点してしまった、というこの負け采配が勢いを止めてしまいましたね。

前の日の宮崎のトンネルも布石としてあったり、その日の三上がノースリーから何も考えず投げた真ん中高めを村上に打たれたり、素人目で見てもこれやったら勢いとまるやん、っていう戦いをしてしまったのが、優勝に届かなかった理由に思います。

そんな中で2位を確保できた理由は、勝てる試合を取りこぼさなかったからですね。
中継ぎ陣が盤石で、特に伊勢エスコバー山崎の3人は毎日2人以上見ていた気がしますし、見ているときも安心感が半端なかったですねぇ(´・ω・)

この投手と捕手の形を作ったのは三浦監督の功績で、ようやく三浦監督のチームになってきた感があって、見ていてとても楽しかったです。
チームプレイも増えてきたし、走塁面はかなりうまくなりましたよね。

その分個々の打撃成績は落ちたので、来年打線がもっとつながってくれば、十分優勝できると期待しております(/・ω・)/

おれが思う理想展開は筒香が帰ってくること。
今シーズンは結局オースティンがスタメンで出られず、桑原も調子が上がらぬままシーズン終了した感がありました。

牧はセカンド固定として、佐野、宮崎、ソト、オースティン、筒香の5人でレフトライトサードファーストを回すようなオペレーションができれば層がめっちゃ厚くなるので、ぜひとも筒香さんの復帰に期待したいところです(*'▽')

あとは主力休ませる系の采配はもう少しいるかなという印象。
牧も終盤明らか疲れてたし、リード時は休ませるとかやってもよかった気がしますね。

そして、最後に悲しいニュースがカナロコから出ました…
おれがサインをもらってずっと応援してきた倉本選手が戦力外になってしまったとの話。

わたくしとても悲しんでおります。

今の選手層から考えても、守備力から考えてもまだまだやれると思ったのですが、球団の選択はシビアですね( ;∀;)
一軍、二軍とも打率が低かったというのが理由なんでしょうか。

個人的には特に守備は人が言うより全然うまいと思いますし、打撃ももう少し機会与えれば上がってくるような気がするので、年齢も含めてもったいないことをしていると感じます。
倉本さんなら他球団も獲得の可能性ありますし、別の球団に行っても応援したいと思います(´・ω・)

チームを強くするための選択と信じて、来年こそ優勝できることに期待いたしましょう。

今回はベイスターズの話ばかりでしたが、その他いろいろ書きたいこともあるのでまた更新します~

それではまた、バーイ('ω')ノ

2022.10.02

ロンシャンボンドウ

はろう('ω')ノ

10月になりましたね。

先週あたり「もうすっかり秋ですね~」なんて言ってたら、この土日は暑い暑い。
テニスをして汗ダラダラになるくらいの夏日になっております(´・ω・)

暖かさを維持してくれるのはいいことかもしれないですけどね。

どうせ秋も来ず一気に冬になるんでしょう?
と疑心暗鬼になっているので、寒さが苦手な管理人としては少しでも温暖な日が続いてくれることを願います('ω')

さて、今日は凱旋門賞です(/・ω・)/

VISTAでブログを始めて以降、毎年のように凱旋門賞の前に「今年こそ日本馬に勝ってほしい」と書いている気がします。
そして毎年のように敗戦の悲しみに浸る日曜日になったりもしてますorz

毎年のようにディープが差された悲しみとオルフェが差し返された悲劇を書いてきたので、今回は振り返りはなしで行きましょう。

今年は過去最多の4頭の日本馬が凱旋門賞に出走です。

現時点の人気順に書くと、タイトルホルダー、ドウドゥース、ディープボンド、ステイフーリッシュであります(/・ω・)/

凱旋門賞に出られるくらいなので当然ではあるのですが、どの馬が勝ってもおかしくないくらいの実績馬ではあります。

これまでと違うのは、過去とは違って4頭も出走するということ。
単純に言えば確率が上がるということです。

日本馬あるあるで行き脚つかずレースに参加できないで終わるパターンが2頭ほどいたとしても、残り2頭を応援できるという点で見ている側は楽しみです(/・ω・)/

そして血統背景も多様な馬を送り込んでいて、かつてのようなディープ産駒だらけで挑んで跳ね返されるようなことは起きにくいと考えられます。

特にステイフーリッシュは実績面で他馬にやや劣ると思いつつも、オルフェーヴルとナカヤマフェスタという好走例をもつステイゴールド産駒なのが頼もしいところ。
ディープボンドの父キズナも4着に来ているので、それなりに可能性はあると言っておきましょう。

そして日本勢で脚質のバラエティがあるのも面白いポイントです(/・ω・)/

タイトルホルダーは前に行くと思いますが、その他の馬は好位~差しのポジションで自在に立ち回れるので、前が速くなっても、前が遅くて残る展開になっても、日本馬が絡める形になっている可能性が高いわけです。

まぁ問題はどの馬もいつも日本でやっている競馬ができないということで、日本で走っているポジションと同じように立ち回ることが難しいことなんですけどね(´・ω・)

そこは騎手の頑張りでカバーして欲しいところではありますが、日本人としてはやっぱり武豊に勝ってほしいですよねぇ~

おれの現実的な予想はドウドゥース3着、ディープボンド8着、タイトルホルダー14着、ステイフーリッシュ17着。

タイトルホルダーはスタートで行き脚がつかず後方でもたつくか、無理して前につけた結果早々に失速するパターン
ドウドゥースは3歳馬の軽量が生きていつもの競馬ができて3着に好走
ディープボンドは一瞬見せ場を作るも最後に力尽きるパターン
ステイフーリッシュはゴールドシップみたいな負け方

トルカッタータッソが連覇する可能性高いとみてます。

やや辛い予想ではありますが、毎年日本馬の敗戦を見てきている立場としては、これでもポジティブなんじゃないかと思っています。

でももちろん日本馬には勝ってほしいので、期待を持って見ようと思います。

チャンスがあるとしたらタイトルホルダーが思い通りに前に行けた場合か、ドウドゥースが豊マジックがさく裂した場合ですかね(*'▽')

馬券も販売されますが、こちらは例年通り日本馬を外して買おうかなと思ってます…笑日本時間にして今日の23時ころ発走なので、今年こそ悲願を一緒に味わいたいと思います(/・ω・)/

それではまた、バーイ('ω')ノ

カレンダー

«10月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      


カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

最終更新

2022/02/05

検索