ブログ

2020.12.27

まんどろジェネシス

はろう('ω')ノ

またコロナが増えてきてピンチですね。

東京はもうすぐ1000人に到達しそうな勢い(´・ω・)

実はこの数は東京で検査した数だから都民が1000人かかったってわけではないらしいんですけど、京都も100人以上になったし増えているのは間違いないですね。

でも街から人出は減らないんだとか。

そりゃみんな遊びたいもんね('ω')

さすがに大勢で忘年会とかしないけど、イベント多い12月にずっとステイホーム(ただし仕事は通常に)できるようなメンタルというか自制心が備わった人はそこまで多くないと思う。
これが12月だけだったらいいんだけど、これまでほぼ一年中同じ感じだったのに加えて、ゴール感も全くないですからねぇ(´・ω・)

それに外に出るときにマスクして間隔開けたり一定の感染をケアしとけばOKみたいな実績が夏頃にできてしまったために、冬もこれ守ってれば外出ても大丈夫と考える人は多いはず。

要は遊びたいという気持ちが先にあって、遊んでもいいという言い訳が欲しいんですよね。

ただ、その気持ちで突っ走った結果ガンガン増えているので、さすがにこれから外出する人は減っていきそうですね。

競馬で鍛えたおれの予想では、1月は外出る人めっちゃ減ると思う(´・ω・)

12月はこれまでに予約してしまっていたり、予定を立ててしまっていてキャンセルしにくいからそのまま決行するパターンが多かったと思うのですが、これから予定を立てる場合は慎重になる心理が働きそうなので、年明けは全然人が出ない街になるのではないかと考えております。

こんな背景もありVISTAとしてはしばらく活動していないのですが、昨日近いメンバーを誘って久々に星&夜景を見に行ってきました。

以前からずっと言ってたやつで、今年いいことなかったからぼんやりと星を見て心を洗おうというロマンあふれるイベントです(´・ω・)

3人でずっと車移動&星見るところは人もいない広々とした山の上なのでセーフっていう言い訳をして、夜のドライブに出発。

奈良にある万灯呂山(まんどろやま)展望台っていうところです。
京都市内から1時間もかからず行けるので、ドライブとしては最適な道のりといえましょう。

例によって道は狭いですが、以前行ったフォレストパークや和歌山の鍾乳洞に比べたら大したことはなく、山に入るまでの過程も行きやすいので、手軽に行く場所としてはおすすめです。

夜景の綺麗さはなかなかで、右に夜景、左には星空、という2通りの光を楽しめる素敵な場所になります。

摩耶山には及ばないものの、奈良と京都が一望できるのは結構感動的でした(/・ω・)/

上手ではないけど写真撮ったので貼っておきます('ω')↓

多分もっとうまい人が撮ってきれいに加工したらすごくいい写真になったと思うのですが、それは目に焼き付けた景色ということで、このブログではこの1枚にしておきます(´・ω・)

実は星の方も何枚か撮ったんですけど、星の写真はなかなか難しく、私のテクニックでは不足でありました(サーセン

次は写真が得意な人と行きたいですね。

いや、おれの目標としては彼女と行きたい、が正解ですね(´・ω・)

デートスポットとしては絶好なので、ドライブデートをする引き出しがまた一つ増えたということで、いつか来る出会いに期待して待ちましょう(/・ω・)/

流れ星が見えたら願おうと思いますが見えなかったので、京都の街に願いをかけておきました。

もうすぐ今年も終わりますが、来年いいことあるといいな('ω')ノ

気分よくなったところで、最後ロマンついでに有馬記念の予想しましょう。笑

コロナで鍛えたおれの予想では、今年は牝馬で決まるとみています。

ここまで牝馬が活躍してきているのでクロノジェネシス、ラッキーライラック、カレンブーケドール、ラブズオンリーユーのの3連単4頭BOX。
本線はクロノジェネシスが勝って連下が荒れる予想です。

あと3連単で9→2,4,8,11,14,16→5,7,10,13

合計4800円であります('ω')ノ

でも中途半端だからコロナ馬券5→6→7を3連複と3連単で買って5000円にしときます。笑

今年は忘年会がなかったので、忘年会があったら使っていたであろう予算を有馬記念に回した感じです。
当たれば結構大きいしそれなりに自信はある(当たるとは言ってない)

最後くらいバチンと当てたいな~と思いつつ穴狙いをして失敗しそうではありますが、ポジティブに行きましょい('ω')ノ

それでは今日はこの辺にしておきましょう。

バーイ('ω')ノ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«12月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   


カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

最終更新

2021/11/27

検索