ブログ

2020.11.12

夢の11R

はろう('ω')ノ

寒くなってきましたね。

野球ももうあと1試合で終わり、アウトドアも時期的に終わりという中で、一つ楽しみが発生('ω')ノ

アーモンドアイがJCに出走するらしい!

あ、事前に言いますと、今日の話は競馬100%なので、お馬さんにあまり興味がない方はそっ閉じしてね(´・ω・)
でも初心者向けに内容を書くので、興味ある方は見ていってちょうだい(/・ω・)/

今回の何がすごいかというと、競馬史上一番豪華なメンバーがそろうレースになった、という話。

正直ゲートに入るまでは実現するか言い切れないところはありますが、現時点で3頭の最強馬がぶつかるからなのです(/・ω・)/

それはコントレイルとデアリングタクトとアーモンドアイのこと。

コントレイルは牡馬(オス)の無敗の3冠馬で、3冠馬自体過去40年くらいで7頭くらいしかいなくて、それでいて無敗で勝ち切っている史上最強クラスの馬です。
過去の3冠馬はディープインパクトとかオルフェーヴルとか、一般の人でも聞いたことがあるであろう名馬なので、そのクラスの馬が現れたわけであります。

デアリングタクトは牝馬(メス)の無敗の3冠馬で、こっちはメスなのでそこまで過去の名馬がメジャーではないのですが、気性に不安を抱えやすいという牝馬で無敗のまま3冠を達成したのは史上初。
このサークル名(VISTA)の名前の由来である名馬ブエナビスタでさえも、3冠最後の秋華賞で鬼脚届かず3着に敗れてしまい、達成できなかった記録です。

そしてアーモンドアイは、このサークルでもちょこちょこ名前出したようにここ数年で1番強い馬。
先月天皇賞を勝って、G1を8勝目になり最多勝利記録を作ったばかりの、東京では歴代最強馬、ともいわれる馬です。
実はこの馬も3歳時に3冠を達成しているのです。
で、この馬が引退レースとして今度のジャパンカップに出てくるわけです。

こう聞くと3冠を獲るのって簡単では?と思うかもしれませんが、全然簡単ではなくて、ここ20年の間にこの3頭以外の3冠達成馬を挙げると、前述のディープインパクト、オルフェーヴル、牝馬のアパパネとスティルインラブという馬だけしかいないのです。

つまり、この3冠馬3頭が同じレースでぶつかるなんてことは、過去一度もなく奇跡的な出来事なのであります(熱弁)

将棋で例えるなら全盛期羽生さんと全盛期藤井2冠に、最強AIを交えて総当たりする感じ

Jリーグでいえばカズ武田ラモス柱谷時代のヴェルディと、ACL優勝してトヨタカップでマンUを追い詰めたときのガンバ大阪と、レアルマドリードを追い詰めたときの鹿島がぶつかる感じ。

政治で例えるならトランプvsプーチンvs習近平

どれも3者で同時に戦うわけじゃないからたとえがしっくり来ないね。。。

箱根駅伝でいうと元祖山の神がいた順天堂と、山の神がいたときの東洋大と最近の青山、これが一番しっくりくるかも!

あとは笑っていいとも最終回のとんねるずとダウンタウンとさんまさんが出たときみたいな感じですかね~笑

例えに夢中になって本質から外れてしまいましたが、それくらい豪華な対決なわけです。

個人的にはデアリングタクト推しですけど、馬券の方は直前になるまで考えたいところですね!

ということで、このレースだけは競馬に興味がなくても見ておくといいですよ~

11月最終週の日曜日なのでもう少し先ですが、たぶん話題にはなるので気づけることでしょう。

今日はお馬さん100%でしたが、VISTAの方に参加いただける方はぜひご連絡をお願いします~

それではまた、バーイ('ω')ノ

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      


カテゴリー一覧

ブログ内検索

フィード

最終更新

2021/03/06

検索